読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

起業大国イスラエルの気になる「フィンテック(FinTech)」サービス3選。

FinTech(フィンテック) FinTech(フィンテック)-イスラエル

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20151210124858j:plain

今日はサムライインキュベートさんが注力しているイスラエルの「FinTech」について調べてみました。

イスラエルにご関心がある方はサムライさんの情報が何かと参考になるかと思います。

btcnews.jp

それでは早速行ってみましょう。

1. Zooz

f:id:tetsuduki:20151211104747j:plain

Zooz

Zoozは「モバイル決済プラットフォームのベンダー」です。

要は、モバイルアプリに決済システムを組み込むことができるサービスを提供しています。特にセキュリティや詐欺防止に注力しているようです。

ユーザーは、プラットフォーム上で「VISA、MasterCard、PayPal」などの複数の決済手段から、自分にとって最適なものを選択して利用が可能です。

2010年設立の会社で、従業員数は少数ながらも、PaypalやQiwiなどの世界の大手決済企業と提携しており、グローバルで約1万店舗が製品を導入しているようです。 

2. Riskified

f:id:tetsuduki:20151211104852j:plain

Riskified | Riskified eCommerce Fraud Prevention Solution

Riskifiedは「小売店向けに、クレジット決済の詐欺防止サービス」を提供しています。2012年に設立された会社です。

例えば小売店がRiskifiedのサービスを導入すると、RiskifiedはECサイトで商品を購入する人の商品の送付先と請求先の住所を見比べたり、プロクシサーバー(匿名でのアクセスを目的に使用されたりする)の使用の否などを、オーダーの情報とソーシャルの情報から読み取り、詐欺かどうかを判断します。

このサービスにより、小売店側は今まで確証がとれないことから不成立となっていた取引も、他データと付き合わせて安全性を保証できるので、契約の成約レートを上げることが可能になります。

また、Riskifiedは100%のチャージバック補償も行っています。

チャージバックって何?

チャージバックとは、例えばクレジットカード会員が、誰かに不正利用されたことを理由に、利用代金の決済に同意しない場合、クレジットカード会社がその利用代金の売上を取り消すことです。

その結果、何か商品を購入してもらったEC加盟店には、その利用代金をクレジットカード会社に返金しなければならず、商品も返ってこないため、損害が発生します(参考記事)。 

つまり、小売店のECサイトで商品が売れたものの、後日その取引が詐欺による不正な取引であることが判明してクレジットカード会社から支払いを拒否されても、Riskifiedが補償してくれるので、小売店に損害は発生しないのです。

小売店はクレジットカード会社に支払いを拒否された後に、詳細をプラットフォーム上でアップロードすると、48時間以内にRiskifiedが小売店に補填してくれるようです。

ちなみにRiskifiedは、決済額の数%を小売店から徴収することでマネタイズしています。 

Amexの先進性

ちなみに余談ですがAMEXのゴールドカードなどは初年度年会費が無料なことに加えて、クレジットカード所有者の購買履歴から、不正利用と思わしき利用ががあった場合、電話などで連絡してくれることもあるそうです。

何とも日本のクレジットカードサービスよりも進んでいる感じが半端ないです。

Nok Nok Labs

セキュリティ関連のサービスですが、個人的にこちらの米国企業が気になっているのでついでにご紹介します。

Nok Nok Labs, Inc.

まず動画を見て頂いた方が分かり易いです。

www.youtube.com

要は、様々なデバイスやアプリケーションに、音声や指紋や顔認証などのオンライン認証システムをつけられるサービスです。 

ちなみにこちらの企業には「Fast IDentity Alliance(FIDO)」の設立メンバーが参画しています。

FIDOは、認証デバイス間での相互運用性や、パスワード管理の煩わしさを排除すべく、パスワード認証に代わる新たな認証方法の開発に取り組む組織として、2012年7月に設立された非営利団体です。2015年5月にはNTTドコモがFIDO Allianceへの参加を発表しています。

日本の銀行でも導入はされていますが、あまり活用されていないこの「生体認証」の分野。まだ時間はかかると思いますが、将来様々な分野でこの生体認証は普及していくのでしょう。

3. Forter

Forter - Frictionless Fraud Prevention

Foterも、「E-Commerce提供者向けに、詐欺防止サービス」を提供しています。

www.forter.com

サービスは全て自動化されており、顧客が決済してから即時に詐欺がどうかを判断し、リアルタイムで対応が可能です。万一システムの不具合で間違った決済がなされてしまった場合は、保険を提供しています。

日本ではあまりクレジットカードの不正利用に関して敏感な人は多くない印象ですが、米国などの海外ではクレジットカードが頻繁に利用されていますので、セキュリティサービスに非常にニーズがあるのでしょう。

一度機会があれば実際にイスラエルに行ってみたいですね。それでは今日はこの辺で。