元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

ビットコインのニュースや情報収集のためのサイト5つ

銀行員

【2017年一部更新】

最近ではかなり情勢が変わってきましたが、本記事を執筆した時点では、多くの銀行員は「ブロックチェーン」という単語を知らなかったように思います。

もちろん知識が全てでは無いですが、自分の知見を広げるためにも、現役銀行員の方もゴルフの練習や飲み会ではなく、もう少し外界に関心を持った方が良いんじゃないかとは思います。

そんな訳で、今回はビットコインやブロックチェーンの最新情報を学ぶためにお勧めの日本語サイトや、おすすめのビットコインの取引所を紹介しようかと思います。

1. 日本デジタルマネー協会

www.digitalmoney.or.jp

まずは日本デジタルマネー協会のサイトです。こちらはビットコインというよりも、ブロックチェーン関連サービスの情報がまとまっているように思います。

パワーポイントの資料がとてもまとまっていますので、こちらのPPTを読めば、かなりブロックチェーンについての知見が増えるでしょう。

2. コインテレグラフ ジャパン

jp.cointelegraph.com

続いてコインテレグラフです。

コインテレグラフは、ビットコインやブロックチェーンだけでなくFINTECH情報も配信している、お金の未来を考えるメディアです。

以前別のサイトを紹介していましたが、こちらの方が良い気がしたので修正しました。

コインテレグラフは英語のサイトもありますので、ご関心のある方はそちらもチェックしても良いように思います。

3. ビットコイン&ブロックチェーン研究所

doublehash.me

続いて、個人が発信するビットコインのメディアでしたら、やはり大石さんのビットコイン研究所は外せないでしょう。

ちょっと専門用語が多く、知見がないと分からないことも多いのですが勉強になります。ビットコインの情報を詳しく知りたい方は参考にされると良いと思います。

4. ビットコインニュース

btcnews.jp

続いて、ビットコインニュースは、毎回適度な分量で、仮想通貨に関する最新情報を配信してくれる有益なビットコインメディアです。

ちなみに運営元はビットバンク株式会社です。ビットバンク株式会社は仮想通貨の取引所の「ビットバンク(bitbank.cc)も運営しています。

ビットコインだけでなく、イーサリアムやライトコイン、リップルやモナーコインなども取り扱っていますので、ビットコイン以外の仮想通貨への投資に関心のある方にはおすすめです。

ビットバンクの公式サイト:仮想通貨ならビットバンク

5. Bitcoin日本語情報サイト

Bitcoin日本語情報サイト

最後に老舗のBitcoin日本語情報サイトです。

一体誰が運営しているのかはちょっとわからないのですが、とても有益なサイトです。

こちらのサイトを見れば他メディアの新着ニュースも取り込めますし、メガバンクやリクルートが出資しているビットフライヤーさんやコインテレグラフさんの記事も読めます。

おすすめのビットコイン取引所(2017年追記)

取引所

友人の銀行員に聞いたところによると、銀行でもビットコインは購入OKなようです。

そこで最近「ビットコイン取引に興味あるんだけどどこかがオススメ?」と聞かれることもでてきたので、2つほどご紹介しておきます。 

1. ビットコイン取引量・ユーザー数・資本金1位はビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

メガバンクグループのベンチャーキャピタルや、第一生命保険やMS&ADなど、日本を代表する金融機関グループがこぞって出資しているのが、ビットフライヤーです。

経営陣は元ゴールドマン・サックス証券出身などのエリートメンバーで固められており、株主構成をみる限り、今後上場することが予想される仮想通貨の取引所です。

ビットフライヤーは現物取引は使いやすいのですが、若干スプレッドが大きいため、実際に利用するならビットコインFXの利用が適しているでしょう。

とにかく「大手企業の出資の安心感が欲しい」という方にはおすすめです。

公式サイト:ビットフライヤー

2. GMOコイン(2017年追記)

GMOコイン

2017年にはGMOインターネットグループがGMOコインの運営を開始しましたので、GMOコインの利用もありかと思います。

GMOコインはもともとFXをやっていた業者ですので、利用時に安心感があります。

GMOコインもビットフライヤーと同じく「ビットコインFX」のサービスに力を入れているようですが、FXだけでなくビットコインやアルトコインの現物取引も可能です。

イサーリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュなどの、時価総額の高い主要なアルトコインの取引が可能です。

なお、各種取引手数料も無料で、国内の仮想通貨の取引所では珍しく入出金手数料も無料で、24時間インターネットバンキングから入金できて利便性は高いですので、ビットフライヤーと合わせて利用されても良いかと思います。

公式サイト:GMOコイン

日本人の多くはビットコインに悪いイメージを持たされている 

news.line.me

ちなみに、日本人の多くは「ビットコイン」に対して良いイメージを持っていません。

というより、日本のメディアが「ビットコイン」に対して誤報道を繰り返すので、日本人の多くは良いイメージを持たされていません。

代表的なのが上記のようなニュースでしょう。

なぜ日本のメディアはビットコインについて、その本質である「ブロックチェーン」をすっ飛ばして「誤報道」を繰り返すのでしょうか?

その一つの答えとなるのが、Metaps佐藤さんの「未来に先回りする思考法」という本に書かれていましたので、以下少し長いですが抜粋して引用させて頂きます。

「ビットコインはブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーを使った暗号通貨で、ネットワークすべてに取引履歴が記憶される仕組みになっています。」

 

「そのため、通貨発行者がいなくとも、記録から通貨がどこからどこに移動したかを把握することが可能になり、結果として中央に管理者がいなくても成立するようにできています。」

 

「もしこうした暗号通貨が普及して、誰がどのような取引をしたか外部から追跡できなくなると、どのようなことが起こるでしょうか。」

 

「まず、国家の徴税権が弱まり政府の税収が減少することが考えられます。個人の資産状況が把握できなければ、税金を課す根拠が成立しません。」 

まあ要するに、ビットコインが普及しすぎると、国家は税金がとれなくなるので恐れているという説明です。

色々と要因はあると思いますが、日本は国民から税金をとらないと存続できないので、政府はあえてそういう方向に舵を切っているのかもしれません。

なお、2017年7月時点では、だいぶ「ビットコインすごい!」みたいな風潮になってきましたし、ビットコインやブロックチェーンに関しては、今では様々な本が出ていますので、参考図書をこちらの記事の最後にまとめておきましたので、ご関心のある方は本を熟読されることをお勧めします。