読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

2016年に注目のヨーロッパのフィンテックベンチャー6社。

FinTech(フィンテック) FinTech(フィンテック)-ヨーロッパ

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20160217181127j:plain

先日佐藤さんや瀧さんがFinovate Europe2016に関してブログに書かれていたので、僕も少し調べることにしました。

3社は投資関連のフィンテック

f:id:tetsuduki:20170210113924j:plain

詳細は上記のブログを読んでもらえればと思うのですが、「Capitalise」は「音声認識で手軽に株式投資が行えるサービス」、「DriveWealth」は「米国株式の投資や売買を世界中どこからでもリアルタイムでできるクラウドAPIを提供するサービス」とのことです。

株式投資関連のサービスは、以前本ブログでも「Stockpile」「Robinhood」「Instavest」などをご紹介しましたが、「LikeFolio」というサービスもあります。

LikeFolio

home.likefolio.com

こちらのサイトによると、「LikeFolio」は、SNS上で最も多く言及された企業が一覧で表示され、それぞれの企業がSNS上でどのように言及されているかと共に、その時の株価の推移が時系列で表示されるサービスとのことです。

企業の株価とSNS上の発言の相関関係を確認することができるというのは中々興味深いです。

また、自分のSNSアカウントを連携させることで、友人がどのような企業に興味を持ち、どのような発言を行っているのかを確認でき、実際に株式を購入したい場合は、提携しているTD Ameritradeのサイトで購入することもできるようです。

f:id:tetsuduki:20160217201933j:plain

そして、投資関連でもう一つ入賞したのが、「FXやCFD取引を簡単にできるモバイルアプリ」を提供する「SwipeStox」とのことでした。

ソーシャルトレーディングを提供するアプリとのことで、冒頭の瀧さんのブログには以下のような説明がなされています。

投資家は投資に関する思いやアイデアをビデオにして、自らのチャンネルで投稿することができ、その取引をフォローする投資家から、取引手数料の一部を受け取ることができます。

こういう点が「ソーシャル」なのでしょう。

ちなみに「CFD取引」というのは、売買の差額の部分だけを現金で決済する取引のことです。FXと同じように売りから入れてレバレッジを効かせられるのが特徴です。

ご関心のある方はこちらから。

生体認証・本人確認・請求書発行サービス

本ブログでも生体認証サービスには注目していますが、眼球認証サービスを提供する「EyeVerify」と、本人確認ツールを提供する「IDscan」も入賞したようです。

「IDscan」については下記の1分間の動画が分かりやすかったのですが、例えばスマホで免許証を撮影する際に、どのようなアングルからでも認識して内容を読み取ってくれるというものでした。

IDscan

youtu.be

そして最後の一社は、主に欧州内での請求書発行に対して、即時での決済手段を提供するサービスの「Valuto」とのことでした。

僕は個人的にはそんなに請求書周りのサービスに関心は無いのですが、色々サービスはあるので今度まとめてみようかと思います。