元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

マレーシアのiMoneyと日本のクレジットカード比較サイトとの違い。

SPONSORED LINK

マレーシア

【2017年7月一部更新】

マレーシアのフィンテックサービスiMoneについて書きます

マレーシアのイスラム金融やフィンテックに関する記事はこちら

マレーシアのiMoneyとは?

www.imoney.my

iMoneyは、クレジットカードやローン、自動車保険などの各種金融系サービスを比較・検討出来るサービスです。

ユーザーは簡単な質問に答えていくだけで、iMoneyが自分に適したサービスを提案してくれます。

実際にサイトにいって操作してみるのが分かりやすいです。

iMoney.my

f:id:tetsuduki:20160321120213p:plain

まず最初に「これが初めてのクレジットカードなのか?、2枚目なのか?」等の質問に答えます。

次に「毎月何に良くお金を使っていますか?」の質問に答えていき、最後の5ステップ目までの質問に全て答えると、iMoneyが最適なクレジットカードを提案してくれるという形になっています。。

f:id:tetsuduki:20160321122621p:plain

iMoneyのUIは日本のUIとはかなり異なるように思われます。

多分日本にこういうUIのサービスは無い気がするのですが、技術的には作れるのではないでしょうか。

iMoneyのCM

youtu.be

15秒程度のiMoneyのわかりやすいCMもあったのでシェアしておきます。

日本のクレジットカード比較サイトとの違い

f:id:tetsuduki:20160321120712p:plain

一方、日本のサイトはどんな感じなのかと、ちょっとググって出てきたのでついでに例として載せてみますが、日本のクレジットカード比較サイトは大体このようなUIが多いように思います。

上記のiMoneyのサイトと比べると大分情報が多く載せられていて目移りしてしまい、当初の「自分に適したクレジットカードを探す」という目的が果たせるのかどうかはちょっと疑問な感じになっています。

僕は海外のサイトの方がシンプルな見栄えで好きなのですが、日本人にはこのような見た目の方が安心感があって良いのかもしれません。

ちなみクレジットカード業界に関しては以前少し書きましたが、日本ではイオンカード(WAON一体型) 楽天カードなどの方が、銀行系に比べて遥かに良いサービスを提供しているので急成長しており、今後も利用者は増えるように思います。

イオンカード(WAON一体型)楽天カードは、イオンショッピングモールや楽天モールなどの商圏を自社ですでに保有しており、そこでカードを利用してもらえれば良いので、ポイントの還元率なども銀行系のカードよりも圧倒的に良くなっています。

銀行のグループのクレジットカード会社はそのような商圏は持っていませんので、なかなか高い還元率や様々な特典付与に踏み切れないのでしょう。