元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

Slock.itとは?「Ethereum Blockchain + IoT」が世界を変えるのか気になる。

SPONSORED LINK

ブロックチェーンサービス

【2017年7月一部更新】

大変話題になった本サービスですがDAOのハッキング事件など色々ありましたので、詳細を知りたい方は「ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現」をご確認ください。

「Slock.it」はシェアリングエコノミーに革命を起こすのか?

どんなものでも借りる、売る、シェアする ー第三者の仲介なしにー

 

slock.it

以前はSlock.itの動画もyoutubeにあったのですが、現在では見れなくなっています。

Slock.itはブロックチェーンを通して鍵を開けるためのシステムで、ブロックチェーンに「もの」を実装したと説明されています。

チームメンバーもパートナー(SamsungやMicrosoftなど)も凄いので、今後が非常に気になったサービスでした。

家の貸し借り

f:id:tetsuduki:20160326204121p:plain

画像出典

Slock.itのサービス例としては、こちらの錠前が出されています。

例えばこの錠を、家のドアにとりつけることで、その家を貸し借りできるようになるという話です。

スマホの遠隔操作でも、この錠を開けたり閉めたりできるようなイメージかと思います。

自転車の貸し借り

f:id:tetsuduki:20160326204727j:plain

もう一つ例に出されているのが自転車で、ワンステップで自転車を貸し出したり、保険をかけたり、代金の受け取りができるという話も紹介されていました。

そしてブロックチェーンテクノロジーを利用しているため、例えばAさんがBさんに自転車を貸した取引はすべて公開された記録として残り、その記録は追跡・捜査可能であるため、透明性があり安全に取引できるという話でした。

ビデオで紹介されている電子鍵をかけられるものであれば、何でも第三者の仲介なしにものの貸し借りができるようになるということでした。

実際このようなサービスが使用されだしたら、確かに第三者の仲介はますます不要になっていきますので、真の「C to C社会」が実現していくように思います。

「Slock.it」も自らそう称していますが、まさに未来のシェアリングエコノミーの形と言えるでしょう。

余談ですが第三者の仲介手数料って色々高いですからね。

世界初の分散型自動化組織(分散自律組織)

f:id:tetsuduki:20160326213107j:plain

分散型自動化組織(DAO:Decentralized Autonomous Organization)とは?

ちなみに「Slock.it」は世界初のDAOであるとも説明されています。

「Slock.it」はブロックチェーンによってコントロールされ、変更のきかないルールの元で運用されるため、例え企業が無くなったとしてもサービス自体はずっと提供され続けていくということでした。

これは純粋に凄いですね…

サイトのロードマップを見ると2017年ローンチとなっていましたが、実現されたら本当にインパクトがありそうです。

ちょっと話はずれますが、先日簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckさんのお陰で遂に日本のラーメン屋にもビットコイン決済が導入されたりと、世界は予想よりも早いスピードで変わっていくのかもなぁと、ふと思いました。