読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

Airbnbメディア5選!民泊物件の運用で役立ちそうなサイト。

投資-不動産投資 投資

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20160711181149j:plain

少し前にメタップスが、民泊物件データを活用したデータ解析サービスを始めるとのリリースを出しました。

www.metaps.com

Airbnbを個人でやるならそこまでデータ活用はいらない気もするんですが、昨年度参入者が急速に伸びて競合も増えたので、業者が取り組むならこのようなデータ活用は有効なのでしょう。

個人的にAirbnbはきちんとやればそれなりに固い収益が見込める投資のように思いますが、不動産投資と同じで複数物件を持っていないと、そんなに単体で儲かる訳でも無いかなと思う今日この頃です。

Airbnbメディア5選

あまり普段Airbnbの情報収集はしてないのですが、ちょっと調べてみたらもの凄い数のメディアやブログが生まれていたので、良さそうなやつを独断と偏見で5個リスト化してみました。

1. Airstar

airstair.jp

まずはかなり検索で上位表示されるのがこちらのAirstar。

サイトには10万PVと書かれていますが、もうそろそろ20万PVぐらいいきそうな勢いで毎月伸びているサイトです。サイトの情報も作りもしっかりしています。

ただ個人的には民泊Wifiの方が気になってしまいました。Wifiや鍵は紛失リスクが結構あるのでレンタルサービスはニーズありそうだなぁという感じです。

筆者はWifiはやっぱり使い放題と安さの点でWimax(GMOとくとくBB)が便利だなとは思います。

2. MINPAKU

blog.mistersuite.com

若干PVは下降気味でしたが、割と上位表示されているのがこちらのMINPAKU。

訪日外国人向けのメディアや民泊代行サービスなどの他の事業もやられています。

3. TOMARUYO

tomaruyo.com

こちらは民泊代行の比較サイトです。

もはや最近は民泊代行サービスも乱立しすぎていてどこが良いのか分からないので役立ちそうです。

サイトを見る限りこんなにもあるのか…という感じですが、それなりの数の物件を運用するにあたっては、業者に依頼する必要があるでしょう。少数であれば学生アルバイトを使っている人もいるようですが。

4. airantenna

airantenna.percha-corp.com

調べてる途中で気づきましたが、こちらのサイトがAirbnb関連のブログなども一覧で載せて下さっていました。

より細かい情報を調べたい方はこちらのサイトのリンクを参考にすると良いかもしれません。

f:id:tetsuduki:20160711214822p:plain

これら以外で僕が知っているのはAirbnb新聞ぐらいかと思います。Airbnb新聞は頻度は高くはないですが更新されており、確かFBか何かで発見した記憶があります。

上記サイトに掲載されているAirbnb BlogAirPoolエアログあたりはちらほら記事を見かけることがあり、一定数の読者に読まれているように思います。

5. bnbstation

www.bnbstation.jp

最後に、PVはあんまり無いですがFacebookで有名な方が運営されているbnbstationをご紹介しておきます。

探せばAirbnbメディアももっとあるんでしょうが、Airbnbメディアのキュレーションサイトまであったみたいなので、あまり有名でないものまで入れだすとキリがなさそうです。

つらつらと10数個Airbnbメディアを載せてもあんまり意味がない気がするので、今回はこの辺にしておきます。

今後が気になるAirbnbの類似サービス4選

なので、ちょっと話は変わり、個人的に今後が気になるAirbnbの類似サービスもついでにご紹介します。

1. Homeaway

多分「Homeaway」は多くの方がご存じかと思うのですが、Airbnb業界では2番手と言われています。2015年にExpediaが39億ドルで買収したようですので、今後どのような戦略でいくのか気になるところです。

www.homeaway.jp

使う側としてはAirbnbと連携されていて便利なんですが、Airbnbほど活用されている印象は今のところありません。

2. 自在客

www.zizaike.com

ちょっと前から話題なのがこちらの「自在客」。英語を話せない中国人や台湾人にニーズがあると話題です。

Airbnbで連絡してくる中国人や台湾人は大抵英語話せるので僕は困った事が無いのですが、よくよく考えてみたら英語を話せない日本人が海外でAirbnbを使う時、日本人ホストの方がやりとりは楽かもしれませんね。

3. スペースマーケット

spacemarket.com

日本では最近スペースマーケットさんが民泊事業を開始されました。今後流行るのかちょっと様子見です。

ちなみに日本発の民泊サイト5選の記事がありましたので、他にも気になる方はこちらをご参照下さい。

Airbnbだけじゃない!日本発の民泊サイトまとめ | 民泊専門メディア Airstair

4. misterb&b

www.misterbandb.com

最後に、日本ではあまり有名ではないですが、ゲイ専門Airbnbの「misterb&b」をご紹介します。

こちらは元グノシーの木村さんが投資されているということで気になっています。

僕自身は別にゲイの人が泊まっても気になりませんが、ゲイは泊めたくというホストもいるようで、きっとゲイの人には強烈なニーズがあるのでしょう…

日本ではあんまり「LGBT」という単語も聞かない気がしますが、サンフランシスコなどでは日常的にゲイカップルが歩いてたりしますし、海外にはそれなりの市場があるように思われます。

果たして日本に来ることがあるのだろうか…

以上、Airbnbに関するまとめでした。