元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

ビットコインが詐欺なのではなく、ビットコインを使ったネットワークビジネスが詐欺だと思うに至った件。

SPONSORED LINK

ビットコイン詐欺

先日カフェで隣の席にネットワークビジネスをしている方が座りだし、何やら勧誘相手に力説していました。

あまりにも力説していたので途中から少し耳を傾けてみたら、「ビットコイン」の話もしていたので興味を引きました。

どうやら最近「びっとりーじょん?びっとりゅーじょん?」なるネットワーキングビジネスが流行りだしており、その勧誘をしているようでした。

こんなこともあるんだなぁと思ったので備忘録的に書いておこうかと思います。

「ビットコイン」を用いた詐欺は結構発生しているかもしれませんが、「ビットコイン」自体は詐欺ではなく、コインチェックなどの仮想通貨の取引所で普通に購入できます。

また、本記事の最後にご紹介するビットコインやブロックチェーンに関する書籍を読んで、ビットコインについてはきちんと事実を理解されることをお勧めします。

ビットコインを使ったネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスなので、基本的にこうすれば儲かりますよ、という話なのですが、今回僕の隣に座った方が話していたのは、「ビットコインの価格が円建てで安い時に買って、価格が高くなった時に売ることで儲かる」という投資の話ではありませんでした。

簡単に言うと、ビットコインなるものに投資すると、毎月何%かのリターンがもらえます、という話でした。

正直10分ぐらい聞いていても仕組みが良くわからなかったので、詐欺ポイントを記載しておきます。

仮想通貨詐欺のポイント

・ビットコインを購入するのに手数料で2~3万円かかる

(当たり前ですが、かかりません。)

 

・一度購入すると20日間は出金できない

(謎な制約でしたがそのようなサイトはあるのでしょうか?)

 

・例えばビットコインを寄付して欲しい!とどこかのサイト?を通じて世界に向けてお願いすると、通常2~3日で寄付が集まる。

要はビットコインを寄付して欲しい人とビットコインを寄付してくれる人のマッチングが行われる。

(これが本当でしたらすごい話です!)

 

・ブロックチェーンという財布にビットコインを入れる。

(ブロックチェーンは財布ではありません。)

 

移民→市民→永住居住者→なんか色々→大統領というランクがあり、ネットワーキングビジネスのヒエラルキーの頂点にいくと、毎月預けた額の10%のリターンがもらえる。

 

などなど・・・

最後の方は本当に理解し難く、聞いていても良くわからなかったのですが、ネットワーカー曰く、「ビットコインは世界的には絶対大丈夫?」なものとして扱われており、日本にはまだ情報が入ってきていないらしいです。

「ビットコインのネットワーキングビジネスは3か月前から始まったまだ新しいものなんです!」とのことでした。

ネットワーカー一押しの池上彰さんのYoutube

youtu.be

ちなみに僕は見てないんですが、しきりにネットワーカーはなぜか池上彰さんのYoutubeを勧めていました。

最近はこのようなビットコインを使ったネットワーキングビジネス(というかただの詐欺?)も始まってしまったようなので、皆さんご注意下さい。

ビットコインは詐欺師からではなく、金融庁にも登録済の「仮想通貨の取引所」で買えますので、良くわからないビジネスには騙されないようにしましょう。

なんだか色々と仮想通貨詐欺が横行しているようですので、ビットコインなどの仮想通貨を購入できる、まともな仮想通貨の取引所を追記しておきます。

おすすめの仮想通貨の取引所(2017年追記)

一番簡単に購入できて、初心者におすすめはcoincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

まず投資初心者などにおすすめできるのは、コインチェックです。

コインチェックは画面が見やすく、スマホアプリも使いやすいです。投資初心者にとって、FXや株式のデイトレード時に見る画面というのは見辛いです。

その点、コインチェックはシンプルな設計になっていますので、スマホアプリで簡単に仮想通貨の購入ができる点は良いと思います。

クレジットカードやコンビニ入金での購入も可能ですし、日本で唯一ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を直接クレジットカードで購入することができます。

コインチェックは取り扱っている仮想通貨の種類も13種類(BTC、BCH、ETH、ETC、LISK、FCT、XMR、REP、XRP、ZEC、XEM、LTC、DASH)と豊富で、LISK・FCT・REP・ZEC・DASH・XMRはコインチェックからでないと日本円では購入できません。

東京海上日動火災保険と提携して100万円までは盗難補償サービスもやっていますので、初心者の方が使い始めるには良いように思います。

コインチェックの口座開設へ

ユーザー数や資本金が1位なのは、ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

続いておすすめするのは2014年にサービスを開始したビットフライヤーです。

ビットフライヤーにはSMBCベンチャーキャプタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル、第一生命、MS&ADなどの大手金融機関グループや、リクルートや GMOなども出資をしていますので、資本面で安心です。

これだけ出資されているということは、今後上場する可能性は非常に高いでしょう。

経営陣も元ゴールドマンサックス証券出身のエリート揃いで、これまでにも40億円以上の資金調達もしていますので、資本力などに安心感を感じる方にはおすすめできる取引所です。

個人的に仮想通貨を始めるなら、ハッキングリスクなどもありますので、コインチェックとビットフライヤー2つぐらいは、口座開設をしておいた方が良いように思います。

なお、ビットフライヤーではコインチェックでは購入することができない、日本初の仮想通貨である「モナーコイン」の購入も可能です。

ビットフライヤーの口座開設へ

ビットコインFXをやるなら、GMOコイン

GMOコイン

最後に、ビットコインFXをやるなら、個人的におすすめなのは「GMOコイン」です。

大手GMOインターネットグループの安心感があることに加えて、スマホアプリの「ビットレ君」がかなり高機能です。

通常のFXと似たアプリになっていて、もともとFXをやられていた方にとってはめちゃくちゃ使いやすいと思います。

ちなみにGMOコインは各種手数料が無料で、日本円の入出金手数料も無料ですので、手数料面では一番安いと言えます。

ビットコインFXだけでなくて、普通にイーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコインやリップルなどの現物も2017年中に購入できるようになります。

個人的に非常に良いと思っているのは、「Pay-easy入金(ペイジー入金)」という、365日24時間インターネットで即座に入金できる仕組みが導入されている点です。

GMOコインであれば、土日に仮想通貨を購入したいと思った時などにも、このPay-easy入金を使って、自分の銀行口座からリアルタイムにお金を引き出して、仮想通貨を購入することができます。

ビットコインのマイニング事業(採掘事業)にも参戦しているGMOグループが運営していますので、今後のサービスの発展にも一番期待できる取引所かなと個人的には思っています。

GMOコインの口座開設へ

ビットコインに関する参考図書(2017年7月更新)

f:id:tetsuduki:20170210135954j:plain

続いて、ビットコインの正しい理解のためにおすすめの書籍をご紹介します。

ビットコインとはなにか?

まず、こちらの「ビットコインとはなにか?」という大石さんの本は分かりやすくすぐ読めるかと思います。

古くからある本ですが、非常にわかりやすい本です。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

また、2017年に、初心者向けにわかりやすいビットコインとブロックチェーンの本が出版されました。なお、著者の大塚さんはコインチェックの取締役COOを務めています。

仮想通貨革命 & ブロックチェーン革命

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない

少し古いですが野口悠紀雄氏の本もおすすめです。

ちなみに2017年にブロックチェーン革命という続編が出ましたので、こちらだけ読んでも良いかもしれません。

ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現

ちなみに野口悠紀雄氏は、日本の元官僚、経済学者で、いわゆるエリートですが、非常にわかりやすい文章で本を書くため、とても勉強になりました。

ブロックチェーンの衝撃

ブロックチェーンの衝撃

上記の本以外に、少々内容は難しいのですが、2016年に出版された「ブロックチェーンの衝撃」も仮想通貨界隈の著名人?が書いているのでおすすめです。

以上の本を読んで知識をつけたり、仮想通貨を購入する際はきちんとした取引所から仮想通貨を購入して、詐欺やネットワークビジネスには騙されないようにしましょう。