元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

ビットコイン価格の変動要因が勉強になったのでメモ。

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20170501130635j:plain

出版されてから大分経ってしまいましたが、簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckの大塚さんが書かれた「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」も非常に分かりやすい本でしたので、勉強になった部分をメモしておきます。

内容は分かりやすいだけでなく結構ズバズバ書いてあったので、ここまで書いちゃって良いのか?と思う部分もありましたが、コインチェックの今後の行方も気になる内容ではありました。

2017年は仮想通貨元年なのか?

f:id:tetsuduki:20170501132927j:plain

最近は、身の回りでビットコインのことを知らなそうな人からビットコインの話が出るようになったことが、とても驚きでした。

実際に「ビットコイン投資について相談された」などの話を聞いたり、「ビットコインって今後上がるの?」と聞かれたり、ビックカメラがビットコインを導入したりと、肌感覚で、日本でも徐々に仮想通貨がメジャーなものになってきているようには思います。

なので、最近はようやく「ビットコイン」という単語を口に出しても、あまり胡散臭く見られなくなってきた(?)ような気がします。

ただ、他の仮想通貨の話をすると「?」って感じにはなるので、アルトコイントレードなどがメジャーになるにはもう少し時間がかかるのかもしれません。

ですが、このアルトコイントレードはFXの普及と似ている気もするので、最初は胡散臭く思われていたものの、いつかはメジャーになるのかなあという気もしています。

もちろん合わせて法整備も進むことでしょう。

そんな感じでなんだかんだでビットコインを投資対象とする人が増えてきたようには思うのですが、個人的には、未だにビットコイン価格が今後上がり続けるのかどうかは正直わかりません。

上場企業の分析と違って有価証券報告書がある訳でもないので、何を持ってビットコインが割安なのか割高なのかを判断したら良いのかも分からないままではあります。

そのため、「ビットコインへの投資はどう思う?」と聞かれることがあるんですが、2020年に向けてまだ上がっていくような気はするという程度で、僕自身の確証はありません。

そんな中、冒頭にご紹介した大塚さんの本では、ビットコイン価格の変動要因として5つほど例を挙げられていて、参考になったのでメモしておきます。

ビットコイン価格の変動要因5つ

f:id:tetsuduki:20170501132652j:plain

 「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」で紹介されていたのは下記の5つになります。

① 各国の規制

② 開発者コミュニティの動向

③ ハッキング

④ どこかの国の通貨危機

⑤ 半減期

個人的には⑤のイベントに関しては、誰もが判断できる材料ではあるなあとは思っています。

過去2回の半減期ともに価格が上昇したという歴史を鑑みれば、2020年も上がるのかも?とは思いますが、未来のことは分かりません。

ちなみに僕も少々前からようやく簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckを使い出したのですが、使いやすさと色んな仮想通貨を日本円で購入できるという点で、非常に便利なサービスなように思いました。

以前はビットフライヤーをメインに使っていたのでコインチェックを使うことはなかったのですが、ここ数ヶ月少額ですが実際にコインチェックを利用したことで、個人的には簡単安心!ビットコイン取引所 coincheckは普通に良いサービスだなと思うようになりました。

実際にトレードをすると手数料は結構とられることが分かりますが、企業側の目線からすれば、その分コインチェックの売上は成長しているのだろうなあとも思います。

今後この仮想通貨取引の領域には、もともとFXをやっていた会社や金融機関なども更に参入してくるような気はしますし、もしかしたら統合や買収などもあるのかもしれません。

ではでは。