元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

ビットコイン価格の変動要因が勉強になったのでメモ。

SPONSORED LINK

ビットコイン

出版されてから大分経ってしまいましたが、coincheckの取締役COOの大塚さんが書かれた「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」も非常に分かりやすい本でしたので、勉強になった部分をメモしておきます。

内容は分かりやすいだけでなく結構ズバズバ書いてあったので、「ここまで書いちゃって良いの?」と思う部分もありましたが、コインチェックの今後の行方も気になる内容ではありました。

2017年は仮想通貨元年なのか?

ビットコイン

最近は、身の回りでビットコインのことを知らなそうな人からビットコインの話が出るようになったことが、とても驚きでした。

実際に「ビットコイン投資について相談された」などの話を聞いたり、「ビットコインって今後上がるの?」と聞かれたり、ビックカメラがビットコインを導入したりと、肌感覚で、日本でも徐々に仮想通貨がメジャーなものになってきているようには思います。

なので、最近はようやく「ビットコイン」という単語を口に出しても、あまり胡散臭く見られなくなってきた(?)ような気がします。

ただ、他の仮想通貨の話をすると「?」って感じにはなるので、アルトコイントレードなどがメジャーになるにはもう少し時間がかかるのかもしれません。

仮想通貨トレードの歴史はFXと似ている?

ですが、このアルトコイントレードはFXの普及と似ている気もするので、最初は胡散臭く思われていたものの、いつかはメジャーになるのかなあという気もしています。

もちろん合わせて法整備も進むことでしょう。

そんな感じでなんだかんだでビットコインを投資対象とする人が増えてきたようには思うのですが、個人的には、未だにビットコイン価格が今後上がり続けるのかどうかは正直わかりません。

上場企業の分析と違って有価証券報告書がある訳でもないので、何を持ってビットコインが割安なのか割高なのかを判断したら良いのかも分からないままではあります。

そのため、「ビットコインへの投資はどう思う?」と聞かれることがあるんですが、2020年に向けてまだ上がっていくような気はするという程度で、リスクもありますので僕自身の確証はありません。

そんな中、冒頭にご紹介した大塚さんの本では、ビットコイン価格の変動要因として5つほど例を挙げられていて、参考になったのでメモしておきます。

ビットコイン価格の変動要因5つ

ビットコイン

いまさら聞けない「ビットコインとブロックチェーン」で紹介されていたのは下記の5つになります。

① 各国の規制

② 開発者コミュニティの動向

③ ハッキング

④ どこかの国の通貨危機

⑤ 半減期

個人的には⑤のイベント「半減期」に関しては、誰もが判断できる材料ではあるなあとは思っています。

過去2回の「半減期」ともにビットコインの価格が上昇したという歴史を鑑みれば、2020年も上がるのかも?とは思いますが、未来のことは誰にも分かりません。

実際に他にも半減期がある仮想通貨(ライトコインやモナーコインなど)でも、価格は半減期前には上昇していますので、価格が上昇する可能性は高いとは思いますが、何があるのか分からないのが仮想通貨の世界です。

ですので、今からビットコインを始める場合は、最悪失っても良い金額で購入されて始められた方が良いのではないかなとは思います。

コインチェックのサービスについて(2017年追記)

サービス

ちなみに「coincheck」自体のサービスはかなり使いやすいと思います。売買画面も使いやすいですし、スマホアプリも非常に見やすいです。

最大の特徴は、やはりビットコインだけでなく、10数種類の仮想通貨を日本円で直接購入できるという点かなと思います。

実際に匿名系の仮想通貨であるダッシュやモネロ、ジーキャッシュ、他にはファクトムやオーガーなども、日本の取引所であればコインチェックからでしか日本円で直接購入はできません。

他にも、コインチェックには仮想通貨の貸し出しサービスがあったり、100万円までの仮想通貨の盗難補償サービスがあったりと、他の取引所とも差別化されている部分が色々とあるようにも思います。

僕自身は2015年ぐらいからビットフライヤーをメインに使っていたのですが、ここ最近はcoincheckも結構利用するようになりました。

コインチェックのスプレッドには注意

スプレッド

ただし、コインチェックを利用する際の注意点は手数料です。

現物購入時の手数料は無料なのですが、その分スプレッドの幅(購入価格と売却価格の差額)が大きいです。

実際にコインチェックでトレードをすると、手数料(スプレッド)をかなりとられることが分かります。

ただ、逆にコインチェックの企業側の目線からすれば、その分コインチェックの売上は成長しているのだろうなあとは思いますので、コインチェックという会社自体には将来性を感じます。

ちなみに日本円から直接アルトコインを購入する場合、ネムやモナーコインの購入なら「Zaif」、ライトコインやリップルの購入なら「仮想通貨ならビットバンク」の方が、手数料やスプレッドを抑えて購入できる場合が多いかとは思います。

海外の取引所の利用は完全に自己責任

自己責任

なお、手数料や取り扱い仮想通貨の種類の多さという観点から言えば、BittrexやPoloniexなどの海外の仮想通貨の取引所を利用する方法もあります。

ただ、その場合は色々と税金の計算が面倒になったり、少々海外サービスを利用するのに不安を感じる方もいるかと思いますので、その辺りのリスクをどこまでとるかは、人それぞれ異なるようには思います。

実際に海外の取引所を利用していて、いきなりアカウントが凍結されて資金の引き出しができなくなったりすることも、全く無いとは言えません。

ですので、海外の取引所を利用する際は、日本の取引所より利用するリスクは当然高くなると考えておいた方が良いでしょう。

なお、コインチェックは多分数年以内に東証マザーズに上場するのではないかとは思いますが、今後この仮想通貨取引の領域には、もともとFXをやっていた大手企業や、もしかすると金融機関なども更に参入してきて競争は激化するのではないかなと思います。

競争の激化の結果手数料も安くなるのかもしれませんし、もしかしたら仮想通貨の取引所の統合や買収などもあるのかもしれません。

仮想通貨の市場はまだまだ発展途上中ですので、今後も引き続きウォッチしていこうと思います。