読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

銀行業務に役立つスキルとは?【新入行員向け】

推薦図書 銀行 キャリア 転職

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20160402125132j:plain

4月1日の入社式が過ぎました。

そういえば僕も銀行に入ってから1か月間ぐらい研修を受けたことを思い出しました。

コンサルに転職してから受けた研修というのは、基本的にアウトプットベースなので身に付きやすく、また僕の人生にとって価値のある内容が多かったのですが、銀行の研修はひたすらインプット(というか殆ど洗脳)の研修だったなぁとふと思い返してしまいました。

個人的には外部の方を招いて週末にやっていた研修は面白かったのですが、それ以外の銀行内部の研修はいまいちでしたね。

ちなみに、銀行に入ると、札勘と加算機の研修を受けさせられ、そのスキルを強制的に身に着けさせられます。

ただ、正直それらのスキルは銀行を辞めると(というか銀行在職中も)あまり役に立つ機会はないので、今回は新入社員の方向けに、それらのスキルよりも、身に着けておくと一生役立つスキルを一つだけ書いておこうかと思います。

銀行の新入社員(新入行員)にお勧めするスキル

f:id:tetsuduki:20160402132157j:plain

結論から言うと、それは「速読」スキルです。

銀行員は、決められたルールの下でいかに効率よく仕事をこなすかを求められます。そのため、銀行に関するルールや社内の独自ルールをしょっちゅう参照し、膨大なルールを読んで理解する必要があります。

また、このご時世にいまだに紙文化が強く根付いているので、大量のあまり意味のない書類を読まないといけません。なので、読むスピードが速いと、その分仕事を早くこなすことができるようになり、何かと便利です。

速読は誰でも身に着けることができる

f:id:tetsuduki:20160402132852j:plain

ちなみに、速読は誰でも身に着けることができます。

筋トレにこつこつ取り組めば筋肉がつくのと同じで、速読もこつこつと毎日5~10分程度のトレーニングに数か月間取り組めば、誰でもできるようになります。もちろん、元々の読書量の差は大きく影響するとは思いますが。

誰でも身に着けることができるがゆえに、あまり自慢できる能力にはならないと思いますが、身に着けておくと色んな時間を短縮できるので、お勧めしておきます。

日本人の1分間に読める文字数は約500文字

一般的な日本人は大体1分間に500文字を読めるようです。僕が通っていたスクールからはそのように教わりました。ちなみにググってみたら下記の記事もあったので、まあ大体そのぐらいなのではないでしょうか。

homepage-reborn.com

多少読書の習慣がある人は、多分トレーニングをしなくても1分間に3000文字ぐらいは読めるかと思います。僕が速読スクールに通い始めた時はちょうどそのぐらいでしたので。

ただ、意識的にトレーニングをしないと、それ以上は難しいように思います。僕は銀行時代に実際に半年間ぐらいスクールに通い、ほぼ毎日5~10分間ぐらいのトレーニングを行った結果、大体1分間に1万文字ぐらいは読めるようになりました。

この人早い!と周りが見て思うのは、多分1分間に2万文字以上の人

f:id:tetsuduki:20160402133215j:plain

ただ、個人的な感覚ですが、1分間に1万文字というのはそんなに早くもないです。多分これが1分間に2万文字以上読めるようになると、本を読んでいてもバーっとページをめくっているように見えるので、「これぞ速読!」みたいな印象を周りの人は持つようになると思います。

ちなみに僕が通っていたのは大阪のSP速読学院というところです。当時の講師の方々は大体1分間に2万文字以上は読める方が多かったように思います。

ネットでぐぐると色々と批判(詐欺?)もあるようなのであれなんですけど、僕の結論としては、「結局どこのスクールに通っても、自分で日々トレーニングしないと速読は身につかない」です。

速読ができるようになるには、目の筋トレが必要

f:id:tetsuduki:20170210155044j:plain

速読ができるようになるには、「目の筋トレ」が必要です。

日々筋トレをしないと筋肉がつかないのと同じで、目もトレーニングをしないと速読はできるようにはなりません。

また、日々のトレーニングをやめると多少読むスピードは落ちます。ただ、毎日色々と情報収集をしていると、必然的に多くの文章を読むので、そんなに極端に落ちるということはないかと思います。

この「目の筋トレ」ですが、目を上下左右に早く動かすトレーニングだったり、視野を広げるトレーニングだったり、PCで光っている点を追うトレーニングだったりと、色々あります。

僕の読者に金融機関勤務の方(特に銀行員でいずれ辞めるつもりの方など)がいれば、「速読」は結構お勧めです。

一度身に着けてしまえば色んな時間の削減ができるので。ちなみに「速読」の話はGMOの熊谷さんなども著書で少し触れられていました。

速読の参考図書

もう大分古くなってしまいましたが、僕が読んだことがあるのはこれです。 

最近は色々と新しい本も出ているようなので、そちらを読まれても良いかもしれません。

多分どの本にも書いてあると思いますが、日々トレーニングをして、読書量を増やすことが何より重要です。

最初から銀行を辞めるつもりなら…

最後に、銀行を最初から辞める気でしたら、今後はITと金融の時代ですので、プログラミングを強くお勧めしておきます。

僕も使いましたがTechAcademy [テックアカデミー] 」など、最近ではオンラインで短期間で効率よく学べるプログラミングスクールも多く出てきましたので、働きながらでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

以上、銀行の新入行員にお勧めするスキルでした。