元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産・仮想通貨)を学ぶために書いている雑記

MENU

ファイナンシャルアカデミーの評判を不動産投資の学校受講者が検討

SPONSORED LINK

ファイナンシャルアカデミーの評判や口コミ

先日友人から「投資スクール」について聞かれたので、今回はファイナンシャルアカデミーについて書こうかと思います。

僕自身もファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」「株式投資の学校」「外貨投資・FXの学校」の無料講座及び、「不動産投資の学校」を実際にお金を払って受講しましたので、その体験談も踏まえてポイントをお伝えします。

ファイナンシャルアカデミーについては賛否両論あるとは思いますが、テキストが充実していて体系的に投資を学べたので、僕にとってはファイナンシャルアカデミーの講座は有意義でした。

受講費用は30万円ぐらいかかりますので結構高いのですが、得られた知識やそれを元に実践したリターンを鑑みると、5年経った今ではその元は十分取れたかと思います。

ファイナンシャルアカデミーの概要

ファイナンシャルアカデミーは、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、「お金」に関して学べるマネースクールです。

設立15年で延べ42万人が、受講しているそうです。

実は今でこそ日経新聞やテレビなどの大手メディアに取り上げられたり、アドバイザリーボードには、元官僚の慶應義塾大学の教授である「竹中平蔵」氏がいますが、僕が受講した5年ぐらい前はそこまでメジャーでは無かったように思います。

なので、当時もそんなに怪しいという感じではなかったですが、「本当にここは大丈夫なのかな〜?」と、若干半信半疑で無料体験会に行くことにしたのを覚えています。

僕が受講した当時は今ほどコースも充実しておらず、体験会も「お金の教養講座」「株式投資とFX」「不動産投資」の3つに分かれていました。

体験会は無料でしたのでとりあえず全部参加したのですが、内容は至極まともでした。

僕が、一番最初に参加したのは「お金の教養講座」です。

お金の教養講座

こちらの「お金の教養講座」の体験会ではそんなに特異な内容はなく、将来に備えた資産運用の話など、まあ一般的な話がメインだったかと思います。

この手の投資スクールにはちょっと詐欺っぽいところやら、胡散臭い感じのところが多いことは残念ながら事実です。

もちろんこういうセミナーですので有料講座の受講を促すセールスは多少ありましたが、ファイナンシャルアカデミーは特段胡散臭い感じでもなかったので、これなら他の無料体験会にも行ってみようかな?と思った記憶があります。

金融業界にいる方や既にある程度ファイナンスの知識がある方には、「お金の教養講座」については「それぐらい知っている」と思う内容も多いかもしれません。

一方、「金融については何も分からない」「今から資産運用や投資について学んでいきたい」という初心者の方には、お金や資産運用・投資について考え出す良いきっかけになるかと思います。

無料体験会はこちら↓

ちなみにファイナンシャルアカデミーの受講者のメインは、どの体験会も30代以上の方が殆どだったようには思われます。

株式投資の学校の無料体験学習会

今は「株式投資の学校」と「外貨投資・FXの学校」で無料体験会も分かれているようですが、当時は「株FX体験学習会」という感じで混ざっていました。

「株式投資の学校」に関しては、僕が参加した体験会は会社四季報の話とかが多かった記憶があります。

僕は一応銀行にいたので基本的な用語や財務がすでに分かっていたこともあり、「株式投資の学校」の受講はしませんでしたが、その辺りは人それぞれでしょう。

個人的に企業の業績を知らずに中長期の株式投資をやることは全くオススメしませんので、財務諸表の見方やファンダメンタルズ分析、またはチャート分析やテクニカル分析などを学びたい方は受講してみても良いかもしれません。

外貨投資・FXの学校の無料体験学習会

「外貨投資・FXの学校」に関しては、色々と自分でFXのデイトレードやスキャルピングやら実践してみたものの結構な損失を出してしまったこともありましたので、今では受講してみても良かったかな?とはちょっと思っています。

現在僕は中長期投資がメインで短期トレードはあまりやりらないのでまあ良いのですが、ハイリスク・ハイリターン投資が好きな方には基本的な用語やらテクニックを学べると思うので良いかもしれません。

不動産投資の学校の無料体験学習会

最後に「不動産投資の学校」についてですが、僕は「一番独学で学ぶのが大変そう」という理由から「不動産投資の学校」を受講することを決めました。

僕が受講した当時は短期集中プログラムみたいなのがあって連休で参加したのですが、当時は参加者の中にもすでに不動産投資を実践されている方が何人かいらっしゃったので、そのような受講生からも話を聞くことができました。

もちろん不動産投資の学校を受講した全ての人が実践する訳ではないとは思いますが、実際に不動産を購入した友人も増えたので、ネットワーク作りという点でも良かったかなとは思います。

また、今は教室だけでなく「WEB受講コース」もあるようですので、地方に住んでいる方もWEBだけで受講ができるようです。

不動産投資の学校で学べるポイント

不動産投資

せっかく受講したので、不動産投資の学校のポイントを多少書いておきます。

ちなみに僕が受講した2年後ぐらいにテキストが「新版」になりました。

新版のテキストは申請すれば無料で貰えたのですが、テキストの内容がブラッシュアップされているというのは好感が持てました。

そしてどうやら今は「初級編」と「中級編」に分かれているようで、カリキュラム自体の構成もブラッシュアップされているようです。

ネット上でも多少口コミを確認してみましたが、構成は変わっているものの内容の本質的な部分はそんなに変わってないように思いますので、今でも大体この辺は網羅されているのではないかと思います。

  • 不動産投資の概要や始めるに当たっての心構え
  • 不動産物件の収益性・担保力・稼働力の分析方法
  • 物件探しのやり方
  • 価格交渉や売買契約時のテクニック
  • 不動産融資申請の方法や金融機関との付き合い方
  • 物件管理会社の選び方や保険の選び方
  • 空室を埋めるテクニック
  • リフォームのやり方
  • 賃貸・売却・相続に関する税金の知識
  • 売却を前提とした出口戦略の立案方法
  • 成功する投資家になるための投資哲学

こちらはテキストを見てリスト化しましたが、この辺の概要は体験会に参加すれば分かるかとは思います。

余談ですが、僕が受講した当時は確か融資編みたいな章があって、「銀行の融資」に関しての説明がありました。

銀行の内側を知っていた身からしても特に間違った内容はありませんでしたし、税金の部分など、テキストの内容はきちんと専門家に監修されているんだなと感じた記憶があります。

僕個人としては、投資について何も学ばずに勝てるということは無いと思っていますので、本を読んで学んでも良いですし、こういう投資スクールで学んでそれを実践していく形でも良いんじゃないかなと思います。

世界一の投資家ウォーレン・バフェットも、最初はバリュー投資の父であるベンジャミン・グレアムに弟子入りして学び、そこから自身の投資哲学を確立していっています。

すでに実績を出している方から投資手法や投資哲学を学ぶことは、人生のショートカットになるようには思います。

ちなみにここで得た不動産に関する知識は、Airbnbにも多少応用できる部分があると個人的に思っています。

一方、一番オススメしないやり方は、例えば「投資教えて〜!」と大して稼げてもない銀行員や証券マンなどの金融機関勤務の友人に聞いてしまうことです。

これだと時間もお金も無駄にしてしまう可能性がとても高いので、それよりかは自分で学んだ方がはるかに有意義です。

不動産投資の学校のメリット・デメリット

ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資の学校」についてまとめます。

個人的に考えるメリットは以下です。

  • 初心者が実績を出している経験者から不動産投資について学べる
  • テキストの内容が断片的ではなく、体系的に充実している
  • (自分次第で)不動産投資家のネットワーク作りができる

逆にデメリットは以下です。

  • 費用が高い

ただ、この費用を高いと捉えるか安いと捉えるかは人それぞれで、かけた費用を生かすも殺すも自分次第ではあります。

個人的には、ある程度お金に余裕があって「不動産投資」を始めようと考えている方は、何も知らないで始めるよりは「ファイナンシャルアカデミー不動産投資の学校」を受講した方が良いのではないかなと思っています。