読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

海外の決済サービス4選!急成長する「モバイルペイメント(決済)」から考える日本の未来。

FinTech(フィンテック)-モバイルペイメント FinTech(フィンテック)-決済 FinTech(フィンテック)

f:id:tetsuduki:20151209121755j:plain

昨日の記事で冒頭に少しだけ「決済」について触れたのですが、個人的には早く「iphone」で電車賃とか買い物とか色んな決済ができる日が来て欲しいなぁと思いながら日々過ごしております。 

今日はそんな訳で「モバイルペイメント」について書こうかと思います。

まず、最初に個人的な見解から書きますが、個人向けの金融サービスは、世界中でインターネットからモバイルへシフトしていると思っています。つまりは携帯電話を用いた金融サービスが今後ますます増えてくるということです。

特に、アフリカ諸国などの新興国には、銀行口座は持っていないものの携帯電話を保有している人々(Unbanked)が数億人と存在し、今後台頭してくる多くのモバイル金融サービスのターゲットとなっている可能性は極めて高いと考えています。

そもそもモバイルペイメントって何?

モバイルペイメントとは、「モバイルを使って、ユーザーが決済できる仕組み」のことです。例えば「モバイルSuica」や「楽天Edy」、「おサイフケータイ」などが該当します(参考記事)。

ちなみに海外にも色々あります。

www.paymentnavi.com

モバイルペイメント市場の拡大は止まらない

市場については下記の記事に分かりやすい表が載っていました。

www.webdbm.jp

ポイントだけ説明すると、モバイル決済の市場規模は、2014年が世界で約41兆6000億円ですが、2020年には約85兆4000億円に達すると予測されています(サムスン電子)。85兆円ってすごい規模ですよね…

ちなみに米国におけるモバイル決済市場規模は、2014年が約6兆1400億円で、2019年には約16兆8000億円に拡大すると予測されているようです(Forrester Research)。

何故こんなにもモバイルペイメントが拡大しているのか?

拡大の要因は、やはりスマートフォンの普及のようです。クレジットカードの利用者数は世界で13億人と推計されていますが、スマートフォンの利用者数は50億人も存在します。

冒頭にも書きましたが、新興国では、「クレジットカードや銀行口座は持っていないものの、スマートフォンは持っている」人々が数億人と存在するのです。

「Unbanked」向けの金融サービスが台頭してくる時代は近い

ここで少し「Unbanked」について触れたいと思います。

「Unbanked」とは、「銀行口座を持たず、その日に得た現金のみで生計を立てる人々」のことを指します。世界銀行のレポートによると、世界には25億人以上のUnbankedが存在します。

f:id:tetsuduki:20151210103548j:plain

アフリカ諸国10億人の内、銀行口座保有者数はわずか2億人であるのに対し、携帯電話の所有者数は6億人以上存在するため、彼らをターゲットとしたモバイル金融サービス拡大の可能性は凄まじいものがあります。

ちなみに既にケニアのM-Pesaなどは有名なのですが、アフリカについてはまた色々と調べて書こうかと思います。

世界ではどんな新しいサービスが生まれているのか?

そんな爆速で成長しているモバイルペイメント市場に参入している企業をいくつか紹介しようかと思います。

1. LevelUp

米国の「LevelUp」は、「自分専用のQRコードを作成でき、そのQRコードをお店にスキャンしてもらうことで、決済が完了するサービス」です。

www.thelevelup.com

LevelUpの無料アプリをダウンロードして、自分のクレジットカードをそこにリンクさせることで、買い物にお財布が不要になるのです。

そのQRコードにはお店に支払うチップも含めることができ、チップの割合も都度設定が可能です。ちなみに日本では最近ファッション分野でOrigamiさんが似たようなサービスを開始しました。

f:id:tetsuduki:20151210100433j:plain

当然お店で使うためには、店舗側でLevelUpの専用アプリを端末にインストールし、その端末でQRコードを読み取る必要があります。

現在は主に米国にて数千店舗の導入が終了しており、LevelUpは店舗側への月額課金でマネタイズしているようです。ちなみにユーザーは1年で10万人以上がサインアップしています。

また、少し調べてみると、どうやら「店舗側が自由にリワード(報酬)をつけられる」ようです。

例えば、初めて来店した人にポイントをつけたり、合計50ドル払うと5ドル割り引くサービスなどを設定できるため、リピーターの客層を調べるなどの分析ツールとしても重宝されているようです。

2. Yoyo

同じように英国でも、例えば「Yoyo」というスタートアップが、スマホのQRコードでの決済を可能にしています。

yoyowallet.com

日本でもこのようなサービスが流行る日は来るのでしょうか?

3. Tapingo

「Tapingo」は、「モバイル決済&フードデリバリーサービス」です。

www.tapingo.com

ピザやサンドイッチやコーヒー店などの商品を事前に予約でき、決済も可能なアプリを提供しています。なんとも便利な日常生活が遅れそうですね。

4. flypay

「flypay」は、「スマホで勘定を済ませられるアプリ」です。

techcrunch.com

この記事にもあるように、もうお勘定でウェイターを呼ぶ必要がないのです。「スマホのカメラでQRコードやNFCタグをスキャンすれば、即座に清算が可能」という極めて便利なサービスです。

グループでの会食で割り勘も対応可能で、単純に頭割りしたり、それぞれが注文した品ごとに支払いをしたりすることも可能なようです。

ちなみにこの飲み会の精算ですが、中国では「Wechat」というLINEのようなSNSで済ませてしまうのが一般的です。 

話を戻して、こちらのアプリは、飲食店にとってもメリットがある点が非常に素晴らしいと思います。アプリを介してユーザーにポイントや割引のサービスを提供することも可能で、リピーターを作る一助ともなっています。 

海外では様々な決済サービスが乱立しているので、今日はこの辺で。