金融とテクノロジー雑記

金融とテクノロジー企業を学ぶために書いている雑記

MENU

読書記録

投資される経営 売買される経営の感想 | みさき投資のみさきの公理とは

みさき投資株式会社の中神社長が書かれた「投資される経営 売買(うりかい)される経営」の感想です。本書は長期投資される経営とはどのようなものなのか、投資家の立場と経営者の立場の両方の視点から語られています。 本書の最後には、個人的にも好きな言葉…

ザ・会社改造の感想 | 元ミスミグループ本社代表取締役社長三枝匡氏の著書

「ザ・会社改造--340人からグローバル1万人企業へ (日本経済新聞出版)」は、プロ経営者とは何なのかを考えさせられる一冊でした。 三枝匡氏の本には、他にも「V字回復の経営」や「戦略プロフェッショナル」、「経営パワーの危機」などの著名本があります。ど…

新将命氏の経営の教科書の感想 | 高い倫理性と後継者育成に関して

経営の教科書を読みましたので、本書を読んで印象に残った部分を書いておきます。 本書では、戦略とは、経営目標を達成するための大枠としての「やること」と「やり方」であると定義されています。 経営を語る上で戦略の部分は必ず必要になってくると思われ…

1兆ドルコーチの感想 | ビルキャンベルのコーチング本からマネージャーについて考える

シリコンバレーの伝説のコーチである「ビルキャンベル」について書かれた「1兆ドルコーチ」の感想です。 この本は以前の上司がおすすめしていた本なのですが、特に事業会社でマネージャーをやっている方には役立つ一冊なのではないかなと思います。私自身、…

運を支配する(幻冬社)の感想 | サイバーエージェント藤田社長の名言

最近新R25で記事が紹介されていたこともあり、サイバーエージェントの藤田社長と、雀鬼会の桜井会長の「運を支配する」を読みました。 こちらの本で印象に残った箇所を備忘録がてらメモしておこうかと思います。 結局はシンプルに考え、シンプルに行動するの…

千年投資の公理の書評 | 経済的な堀とは何かとその重要性

最近とある会議で「経済的な堀」の話が出てきたので、改めて堀の概念を丁寧に説明してくれている「千年投資の公理」を少し読み直してみました。 投資という観点でも事業を考える上でも勉強になる一冊でしたが、印象に残った箇所をいくつか記録しておきます。…

フィリップフィッシャー本の感想 | 投資哲学を作り上げる 保守的な投資家ほどよく眠る

フィリップフィッシャー本の感想 フィリップフィッシャーの本「投資哲学を作り上げる/保守的な投資家ほどよく眠る」を久しぶりに読み直したので、感想を書いておきたいと思います。 本書は「投資哲学を作り上げる」の章と、「保守的な投資家ほどよく眠る」の…

元マッキンゼー伊賀氏の生産性の感想 | 成長とは生産性が上がること

本を捨てようと思っていたら「生産性」の本があったのでパラパラとめくっていたら、勉強になる箇所がたくさんあったので、読書感想メモでも残しておきたいと思います。 成長する = 生産性が上がる 優秀な社員の話 ビジネスイノベーションの話 管理部門の生産…

金融・投資の漫画やマンガメディアは初心者におすすめな気がする

最近、金融や投資領域において、漫画を駆使したメディアが増えてきたような気がします。 漫画というのは、日本人にとってはとても馴染みがあるものです。 なので、例えば友人から「仮想通貨って何から始めれば良い?」「おすすめの株ある?」などと聞かれた…

お金2.0と投資家がお金よりも大切にしていることを読んで、仮想通貨を振り返る

2017年はメタップスの佐藤氏の「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」が話題でした。 それに伴って前々から気になっていた、ひふみ投信の藤野氏の「投資家が「お金」よりも大切にしていること」を今更ながら読んだので感想をメモしておきます。 個人的には…

日本のプライベートバンクから見た富裕層の考え方や教育について

ちょっと前にZUUの社長が書かれた「プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?――その投資法と思想の本質」が発売されたので読んでいました。 一般人にも利用できる資産運用手法や、日本や海外のプライベートバンクについて色々と書かれていたので勉…

投資哲学を学ぶ本。株で中長期投資をする人にはおすすめ

ちょっと前にNewspicksなどでも「マンガーの投資術 バークシャー・ハザウェイ副会長チャーリー・マンガーの珠玉の言葉――富の追求、ビジネス、処世について」が話題になっていたので、先日遅ればせながら読みました。 これまで読んだチャーリー・マンガー本の…

村上世彰氏の生涯投資家と日本における投資教育の普及

「生涯投資家」 本のタイトルからこれは面白そうだな〜と思って読んでみましたが、実際内容はとても面白かったです。 村上ファンドの歴史を学ぶこともできましたし、村上氏の投資家としての姿勢や哲学もとても勉強になりました。 村上氏は僕の世代ではそんな…

ウォーレン・バフェットのオススメ本と投資術。

年初にジョージ・ソロスの名前を見てからソロスの本を読もうと思っていたら既にこんな時期になっていましたが、先日ようやくジョージ・ソロスの本を読み終わりました。 ソロスの本でメジャーなのは「新版 ソロスの錬金術」や「ソロスは警告する 超バブル崩壊…

投資家チャーリー・マンガーのオススメ本と名言。

世界一の投資家バフェットを陰で支えた男と評される「チャーリー・マンガー」に関する本を読みましたので、読書メモを残しておこうかと思います。 「チャーリー・マンガー」の名前は「ウォーレン・バフェット」と比べるとあまり日本では知られていないように…

野口悠紀雄氏の最新本「ブロックチェーン革命」はとてもオススメ。

読んだ時に感銘を受けた「仮想通貨革命」という本の著者である野口悠紀雄氏の最新本が先日遂に発売されたので、早速購入して読んでみたのですが、最近読んだ本の中ではピカイチに面白かったです。 ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現 posted with ヨ…

ブロックチェーン・レボリューションを読んで思ったこと。

銀行時代の友人にオススメされて、ようやくブロックチェーン・レボリューションを読みました。 本書の冒頭に書かれていますが、本書にはブロックチェーンの未来予測ではなく、ブロックチェーンで到来して欲しい未来(ビジョン)が主に記述されています。 ブ…

フィッシャーの株式投資とお任せのロボ・アドバイザー。

先日ようやくフィッシャーの本を読んだので、備忘録がてら内容メモを書いておこうと思います。 2016年はいい加減バフェットだけじゃなく色々読もうと思っていたのですが、気づいたら2016年も終わりに近づいていました… 個人的には結局バフェット本にグレアム…

ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」からの学び。

今更ながらバフェットもお勧めする「ハワード・マークス」の「投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識」を読んだので読書メモでも書こうかなと思います。 Wikipedia先生によると、ハワード・マークスはペンシルベニア大学ウォートン・ス…

株式投資のオススメ本2冊(中長期投資用)を読んで銀行員の話を鵜呑みにしない。

先日友人にも株式投資の話を聞かれたので書こうかと思います。 時折、銀行員に「オススメの銘柄ある?」「○○社の株、上がるかな?」と質問されている方を見かけるのですが、正直止めた方が良いかと思います。 投資に詳しく個人投資家として儲かっている銀行…

【読書メモ】ビットコインとキャズム。

最近、昔の自分のブログを読み返してみたら、今と考えが違ったりしました。 他の人はどうなのか分かりませんが、そう考えると他の人の過去記事を読んで共感しても、その人の考えが変わっている可能性も大いにあるなと、ふと思いました。 数年前から本屋に行…

金融系でキャリアに役立つ資格と学んで損は無い資格。

【2018年一部更新】 たまに金融系の資格に関して聞かれることがあるので書こうかと思います。 多分学生や若手社会人向けの内容です。 僕自身は、サラリーマンとして生きていくなら自身のスキル証明のために資格はあった方が良いと思うのですが、別にそうで無…

【厳選】金融関連の10冊のおすすめ本。財務・会計、資金調達、資産運用、投資などを学ぼうとしている方へ。

今日は金融や投資関連のお勧め書籍をまとめてご紹介します。 どれも金融の専門用語満載の小難しい本ではないので、これから学んでいこうとされている方にお勧めできる本です。 僕自身も金融知識など一切無いところからスタートしましたので、その経験を踏ま…

銀行員がおすすめする投資信託 VS 元銀行員がおすすめする株式投資とFX。

【2017年一部更新】 タイトルにも書きましたが、僕は銀行員がお勧めする投資信託は基本的に購入しない方が良いと思っています。 何故なら、多くの銀行員はあなたの運用成績よりも、手数料という銀行の収益を重視しているからです。 なのでプライベートバンク…