読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

銀行員の転職のリアルと転職後のキャリアを元銀行員が紹介。

SPONSORED LINK

f:id:tetsuduki:20170215114648j:plain

今回は主にメガバンクなどの若手銀行員の転職の実態や、銀行員の転職先とその後のキャリアパターンについて書きます。

僕自身が転職をしているからなのか、コンサル時代や独立後の経験を合わせると通算二桁以上の企業で働いたことがあるからなのか、元同期や先輩、他業界の友人などから転職相談を受けることが時々あります。

毎回似たようなことを回答している気もするので、今回は銀行員のリアルな転職先や転職後のキャリア事例を、サンプルを元に書いておこうかと思います。

銀行員の転職先とその後のキャリア事例

f:id:tetsuduki:20170215114841j:plain

外資系に転職するパターン

まず、外資系企業へは入社2~5年目ぐらいで転職するパターンが多いようには思います。僕が知っている外資系コンサル転職の事例をご紹介するとこんな感じです。

  • パターン①:外資系コンサル→ベンチャー役員
  • パターン②:外資系コンサル→外資系コンサルパートナー
  • パターン③:外資系コンサル→事業会社へ管理職で再就職
  • パターン④:外資系コンサル→監査法人

こういうキャリアのパターンを歩んでいる方は複数人いますし、僕自身も3年目で外コンに転職しましたので、外コンに転職される方は結構多いかなと思います。

外コンの良いところは入社5年目ぐらいまではポテンシャル採用をしてくれるところです。ベースのロジカルシンキングとコミュニケーション能力があれば、どこのファームへも入社5年目ぐらいまでは転職可能かと思います。

ぶっちゃけた話、日本であれば学歴が高い方は書類選考では足切りされ辛いかと思いますので、ハイクラス向けの転職サイトに登録してヘッドハンターと相談してみるのも良いのではないでしょうか。

外資ITや外資メーカーに転職したパターンはあまり聞いたことはありませんが、下記のような外資金融に3~5年目ぐらいで転職するパターンも、少数だとは思いますがあります。

  • パターン⑤:外資系投資銀行
  • パターン⑥:外資系VC(海外現地採用)
  • パターン⑦:外資系M&Aブティックファーム

外資系投資銀行に転職した直接の知人はいませんが、「モルガンスタンレー」や「JPモルガン」に転職した話は聞いたことがあります。

また、若手でなくても長年市場部門などでトレーディングのキャリアを積んだり、プロジェクトファイナンスやM&Aなどの専門的なスキルをつけてから外資に転職された方にはお会いしたことがありますので、そのようなキャリアも狭き門ではありますが一応あるにはあります。

ちなみにPEなどのファンド系に銀行から直で転職されている方は、若手では知りませんが、そのようなキャリアにもご関心のある方は、転職サイトにレジュメや希望を登録しておくと、ヘッドハンターから声がかかるかもしれません。

ベンチャー系に転職するパターン

f:id:tetsuduki:20170215121028j:plain

  • パターン⑧:ベンチャーやスタートアップ→起業?

メガバンクや銀行からベンチャーに飛び込む方は見切りが早く、大体1~2年目で辞めている気がします。そしてその後起業するパターンもあるように思います。

メガバンクのカルチャーに合わない方はさっさと辞めますので、そういう方は急成長中のベンチャー企業の求人もある転職サイトに登録して早めに転職準備を進めるのが良いのではないかなとは思います。

本ブログでも度々書いてますが、いかんせんメガバンクの最初の3年間ぐらいの成長スピードは、外資系企業や急成長中のスタートアップ・ベンチャー企業で働いている方々と比べて圧倒的に遅いので、「安定」や「待遇」を求めないのであれば、早めにベンチャーに飛び込むのもアリなのではないでしょうか。

ちなみに銀行から独立して起業した知人が2人いますが、いきなり起業するパターンはあまり多くないように思います。そもそもすぐ起業する人はメガバンクなどには入らないのでしょう。

古巣で銀行を辞めた後に転職せずして起業した著名人はこのような方々がいますが、かなり珍しい部類なのではないかなと思います。

  • 松田公太氏(タリーズ創業者)
  • 出雲充氏(ユーグレナ創業者)
  • 安東泰志氏(フェニックスキャピタル創業者)

国際機関系・ボランティア系に転職するパターン

f:id:tetsuduki:20170215121112j:plain

  • パターン⑨:国際機関系(JICAなど)
  • パターン⑩:ボランティア系(青年海外協力隊やNPOなど)

続いて良く聞くのが、国際機関系・ボランティア系です。こちらはあまり転職する際の年次は関係ない気がしています。

僕の知人には3年目で辞めた方もいれば、9年目で辞めた方もいます。やりたいと思った時が辞め時なのかもしれません。

ただ、国際機関の場合は入社するにあたって修士がマストだったりしますので、入社前に大学院を挟む方が大半かもしれません。

ちなみに青年海外協力隊は僕の知人でも何人かいますが、2年間の海外駐在後に海外の大学院にいかれた方や、帰国後にコンサルや外資で働いている方もいます。

以上、ここまで紹介してきたキャリアを歩んでいる方は、銀行を辞めた後も楽しく働いている人が多いかな〜という印象はあります。

その他の良くある転職パターン

f:id:tetsuduki:20170215130339j:plain

その他の良くある転職?はこの辺かと思います。

  • 親の会社を継ぐ
  • 公務員
  • 他業界の経理・財務系

転職と言って良いのか微妙ですが、「親の会社を継ぐ」パターンは結構あります。

銀行の取引先の社長の息子が、勉強のために銀行に入社してくるパターンですが、当然入社数年後には辞めます。僕の同期で一人、後輩で一人いました。

公務員は僕の周りにいないので分かりませんが、ちらほらあるようです。何となく公務員の勉強はしているものの、結局転職しない銀行員が多いようには思います。

他業界の経理に関しては、企業によっては実務経験を求められたりしますが、簿記2級程度でOKなところもあります。ただ、メガバンクなどと比べると各種待遇は落ちることでしょう。

別に待遇が落ちても構わないということでしたら、30歳ぐらいまでなら普通に大手の転職サイトに登録して他業界へ転職することも結構できるんじゃないかなとは思います。

ちなみに30代マネージャークラス以上の転職なら【クライス】あたりが良いのではないでしょうか。

他には女性特有?ではありますが、転職というか「結婚退職」も結構ありました。

  • 結婚

僕の元同期などは、入社2~5年目ぐらいで結婚して颯爽と銀行を退職し、その後は専業主婦になったり地元企業に再就職したり色々ですが、今も幸せそうです。

これら以外には「大学院」や「留学」でしょうか。

  • 大学院系(研究など)
  • 留学系(MBAなど)

あんまりMBAなどは聞かない気はしますが、中にはいるのではないでしょうか。

あまりオススメしない転職先

f:id:tetsuduki:20170215123343j:plain

個人的には、メガバンクなどの都市銀行→地銀信金などへの同業者間での転職は、あまりオススメはしません。

転職自体は可能だとは思いますが、現在の銀行の職場環境に不満があるようでしたら、正直銀行のカルチャーはどこもそんなに変わらない気がしていますので、今の職場で頑張るか、転職サイトに登録してヘッドハンターと相談するか、いっそのこと働く業界を変えた方が良いようには思います。

ちなみにメガバンクの場合は最初に集合研修があるのですが、当時は目を輝かして「将来は独立する」「3〜5年で転職する」と言っていた同期も、6年目となった今も会社に残っている方が大半ですし、飲み会で会社の不満や愚痴を話している人が大半です。

逆に今でも生き生きしている元同期は、基本的に出世コースを歩んでいる人が殆どです(もちろん中には銀行の仕事自体が好きで、出世とは関係なく仕事を楽しんでいる人も少数だとは思いますがいるとは思います)。

社会人6年目ぐらいになってくると、同じ会社に勤めていても全然違った人種になっているようには感じます。

銀行員の転職に関するまとめ

f:id:tetsuduki:20170215125651p:plain

最後にまとめですが、個人的には現状にすでに何かしらの不満があるのならば、社会人5年目ぐらいまでに転職するのがオススメです。キャリアの選択肢が色々ありますので。

その後はどんどん転職先の候補が少なくなっていくかと思います。

本部の特定の部署で他社でも使える汎用的・専門的なスキルを身につけられているのならば、更にスキルを磨いてキャリアを積んでから転職するのもありだと思いますし、今も昔も変わらない出世コースの「企画・人事・海外・営業本部・トレーダー・(もしかしたら今後はITも?)」あたりにいる方は、そのまま会社で頑張るのも良いかもしれません。

ただ、銀行の場合は基本的にキャリアを自分で選べないですし、フィンテックやブロックチェーン、ビットコインの影響で20年後に銀行がどうなってるのかは誰も分かりません。

ですので、自ら人生を切り開いていきたい方には、早めに転職サイトに登録してレジュメを登録しておくなどの転職準備をされることをオススメしておきます。

それでは。