読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

ビットコイン価格の変動要因が勉強になったのでメモ。

f:id:tetsuduki:20170501130635j:plain

出版されてから大分経ってしまいましたが、コインチェックの大塚さんが書かれた「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」も非常に分かりやすい本でしたので、勉強になった部分をメモしておきます。

内容は分かりやすいだけでなく結構ズバズバ書いてあったので、ここまで書いちゃって良いのか?と思う部分もありましたが、コインチェックの今後の行方も気になる内容ではありました。

  • 2017年は仮想通貨元年なのか?
  • ビットコイン価格の変動要因5つ
続きを読む

20代で銀行を辞めて良かったという話。

f:id:tetsuduki:20170303000859j:plain

最近改めてタイトルのように思う出来事があったので、若手の方向けに少々書こうかと思います。

本ブログを通じて若手銀行員の方にも数人お会いしたことがあるのですが、現在ではスタートアップや外資系企業などに転職し、「以前よりも充実した時間を過ごせている」というお話を最近聞くことができたので、個人的には非常に良かったです。

キャリアにおいて何が正解なのかは人それぞれなので分かりませんが、本人の中で「自分のキャリアに対する納得感」があれば良いんじゃないかと、最近は思います。

  • 若手銀行員の転職のきっかけは人事異動?
  • 自分にとってインパクトの大きい人と出会う
  • 数年後の自分からしたら、今の自分の悩みは大したこと無いかも
  • 起業失敗のパターンは大学の友達と起業
続きを読む

デジタル・ゴールドの感想と日本におけるビットコイン。

f:id:tetsuduki:20170303173956j:plain

先日ついに1ビットコインの価値が金1オンスを超えました。

たまに知人からビットコインに投資した方が良いかどうか聞かれるのですが、ビットコインの現在の価格が高いのか低いのか正直僕には分かりませんし、今後上がるのか下がるのかも、ぶっちゃけ分かりません。

長期的に見れば更に上がっていくような気はしますが、何とも言えません。

今回は、冒頭の「金」と関連して「デジタル・ゴールド──ビットコイン、その知られざる物語」を読んだので、忘れないうちに感想をメモしておこうかと思います。

本書を読んでいて「これはもしかしたら数年後にはFacebookみたいに映画化されるんじゃないか?」とか思ってしまったのですが、どうなるのかは分かりません。

とりあえず本書は一気に読めるような物語ではあると思います。

  • 日本人のビットコインに対する恐怖
  • 伝統的な社会秩序を重んじる日本
    • 日本の年齢区分別将来人口推計
  • ビットコインと金との違い
  • 日本円への信頼と今後
続きを読む

ウォーレン・バフェットのオススメ本と投資術。

f:id:tetsuduki:20170227194949j:plain

年初にジョージ・ソロスの名前を見てからソロスの本を読もうと思っていたら既にこんな時期になっていましたが、先日ようやくジョージ・ソロスの本を読み終わりました。

ソロスの本でメジャーなのは「新版 ソロスの錬金術」や「ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ」あたりかと思い読みましたが、読み終えた感想を一言で言うと、全体的に内容が難しいといったところでしょうか。

「再帰性」の話も最後まで分かったような分からないような感覚が残り、読んでみたものの、きちんと言語化して他人に説明できるレベルまで自分に落とし込めてはいないように思います。

気が向いたら数年後にもう一度読んでみようかなとは思いますが、結局個人的にはジョージ・ソロスよりもウォーレン・バフェットなどのグレアム・ドット村出身者に惹かれるところではあります。

  • ウォーレン・バフェットのオススメ本
    • バフェット流投資のための13の質問リスト
    • コモディティ型企業の見分け方と消費者独占型企業の4タイプ
  • バフェットとソロス勝利の投資学
    • 投資の達人の成功する習慣23か条
続きを読む

投資家チャーリー・マンガーのオススメ本と名言。

f:id:tetsuduki:20170228121706j:plain

世界一の投資家バフェットを陰で支えた男と評される「チャーリー・マンガー」に関する本を読みましたので、読書メモを残しておこうかと思います。

「チャーリー・マンガー」の名前は「ウォーレン・バフェット」と比べるとあまり日本では知られていないようには思いますが、個人的に関心があったのでちょっとだけ調べてみることにしました。

  • チャーリー・マンガーの経歴
  • 投資家参謀マンガ―
  • チャーリー・マンガーの名言
    • チャーリー・マンガ―が祖父から学んだ2つの原則
    • 買収を検討する際、事前にどのような企業分析をするのか
    • 業績の素晴らしい企業がいつまで続くのかに対する答えの見つけ方
  • 完全なる投資家の頭の中
続きを読む