読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元銀行員の金融とテクノロジー雑記

主に金融とテクノロジー(フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン)、投資(株式・FX・不動産)を学ぶために書いているただの雑記。

MENU

フィリピンのモバイルマネーとビットコインサービス。

FinTech(フィンテック) FinTech(フィンテック)-アジア Bitcoin(ビットコイン)

f:id:tetsuduki:20170104093101j:plain

今回はフィリピンのモバイルマネーとビットコインサービスの状況について、フィリピン人にも色々と聞きつつ調べてみました。

フィリピンのモバイルマネーで有名なのは、大手キャリアのGlobeが提供するG CashとSMARTが提供するSmart Padalaでしょう。

また、著名なビットコインプレイヤーは、みなさんご存知のようにCoins.phやBuyBitcoin.phなどがあげられるように思います。

  • フィリピンのモバイルマネーの動向
    • GlobeのG Cash 
    • SMARTのSmart Padala
  • フィリピンはまだまだ現金社会
  • フィリピンのビットコインサービス
    • BuyBitcoin.ph
    • Coins.ph
続きを読む

ブロックチェーン・レボリューションを読んで思ったこと。

Blockchain(ブロックチェーン)

f:id:tetsuduki:20161215222527p:plain

銀行時代の友人(注:彼も銀行をすでに辞めているが)に読め読めと言われ続け、ようやく読みました。

ブロックチェーン・レボリューション。 

冒頭に書かれていますが、本書にはブロックチェーンの未来予測ではなく、ブロックチェーンで到来して欲しい未来(ビジョン)が主に記述されています。

ブロックチェーン技術はFinTech領域に留まらず幅広い業界で活用されていくテクノロジーですが、日本だとフィンテックの文脈で取り扱われることが多くて残念だと、編集者の想いなども最後に記載されていました。

まあそうかもなあと思いつつ振り返ってみましたが、そもそも多くの日本人はブロックチェーンも知らなければフィンテックも知らないような…

  • 内部の人より外部の人の方が詳しい?
  • ビットコインのブロックチェーンの特徴
  • ブロックチェーンで変わる金融サービス
続きを読む

フィッシャーの株式投資とお任せのロボ・アドバイザー。

投資 投資-株式投資

f:id:tetsuduki:20161211111911j:plain

先日ようやくフィッシャーの本を読んだので、備忘録がてら内容メモを書いておこうと思います。2016年はいい加減バフェットだけじゃなく色々読もうと思っていたのですが、気づいたら2016年も終わりに近づいていました…

個人的には結局バフェット本にグレアムやフィッシャーのエッセンスが詰まっている気がしているのですが、引き続き色々と読んでいこうとは思います。

  • フィリップ・フィッシャーとは?
  • 何を買うべきか、株について調べるべき15のポイント
  • 株式投資よりロボアドバイザーの時代が来る?
続きを読む

ハワード・マークス「投資で一番大切な20の教え」からの学び。

投資 投資-株式投資

f:id:tetsuduki:20161126162230j:plain

今更ながらバフェットもお勧めする「ハワード・マークス」の本を読んだので読書メモでも書こうかなと思います。

Wikipedia先生によると、ハワード・マークスはペンシルベニア大学ウォートン・スクールで金融を学び、シカゴ大学でMBAを取得。シティバンクにて役員を務め、TCWグループに加わり、その後オークツリー・キャピタル・マネジメントを創業。

2015年には、『フォーブス』誌のアメリカ人長者番付で338位となる総資産19.5億ドルと報じられたそうです。

  • 投資の原則は、「安く買って、高く売れ」
  • 株式投資の2つのアプローチ手法と本書からの学び
  • バリュー投資家とグロース投資家の違い
  • 投資を学びたく無い人には「インデックス投資」が無難
    • 投資信託(フィデリティ証券)
  • 多少リスクを取るならソーシャルレンディング
    • ソーシャルレンディング(みんなのクレジット)
    • 不動産担保付きソーシャルレンディング(ラッキーバンク) 
  • 富裕層が好む「劣後債」という選択肢
  • アルトコイン投資について思うところ
続きを読む

銀行員も無駄な会議はやめて早く帰れば良いのになと思った件。

銀行

f:id:tetsuduki:20161118100014j:plain

本日はとてもどうでもいい銀行の内部事情に関する話なので、ご関心のある方だけお読み下さい。就活生にとっては進路選択の参考になるかもしれません。

先日、「会社(商社)の飲み会って不毛」みたいな記事がFBのタイムラインに流れて来たので読んでみたのですが、まあ僕は商社のことはよく分かりませんが、メガバンクもそうかもなーと思ってしまいました。無駄に飲み会多いですし。

外コンとかITベンチャーの飲み会に参加して無駄だと思ったことは特に無いんですが、なんか日系大企業特有の無駄な飲み会ってのはあるのかもしれません。これはちょっとそこで働いている人にしかイメージがつかないような気がしますが…

まあ「一生かけて大企業で出世してやるぜ〜!」って人には飲み会はとても大事ですし、飲み会が無駄かどうかはその企業に属する個人の考え方によるとは思うんですが、少なくとも当時の僕には無駄にしか感じられませんでしたね。

  • 銀行の会議の殆どが時間の無駄な件
  • 銀行の営業店の会議に関して
    • 会議=上司がキレる場
    • ディスカッションの機会はほぼ皆無
    • 労働組合の会議も基本的に不毛
  • 銀行の本部の会議に関して
    • 会議の目的もアジェンダも無い
    • 膨大な紙資料
    • 発言せずに座っているだけ
    • 誰も責任を負いたくない
    • 会議削減プロジェクトが始動
  • コンサルの会議に関して
  • ITベンチャー(少人数)の会議に関して
続きを読む